雪すかし

厳寒の候 寒中御見舞申し上げます。 今朝(1月26日)は今冬一番の積雪でした。 駐車場の多いところで35センチはあったなぁ。 朝から娘の知り合いの人が、雪すかしの手伝いに来てくれました。 たのもしい働

新年明けましておめでとうございます。

新年は皆様方にとって良き年であります様お祈り申し上げます。 昨日は白山比め神社の方へ初参りして 一年の健康と幸運と日本の国の安全を祈願してまいりました。 積雪は四十センチ程でしたが、長い参拝客の渋滞に

紅葉の秋になりました。

熊谷の山車彫刻は順調に進行していtます。 現在は鬼板(鬼瓦)が出来上がりました。 龍の彫刻の上に乗ったら目立つかな。(写真参考) 唐破風の下に取り付ける懸魚(ゲギョ)もすぐ出来上がりそう。

獅子の宮

気候も涼しくなって彫刻作業がやりやすくなりました。 現在の作業は、長野県の千曲市の祭禮に使う獅子頭と獅子の宮の制作に 励んでおります。 獅子頭の彫刻の木地の作業の約半分の工程が終わり(荒彫:下写真)

充実した日々

今年に入り熊谷市の山車全体の彫刻を頼まれ、大変生きがいを感じ多忙な日々を過ごしております。勿論一人ではとても出来ず、同業者に依頼して進行しています。総数57点来年の祭禮に間に合いますように。

北国新聞に掲載された内容です。

北国新聞に掲載された内容です。 この仕事を初めて五十年近くになるけど、心から満足できる作品はなかなかできませんね。こうしていればもっと上手く出来たと思うところが必ず出てくるものなのです。職人というのは

玉泉寺の模型を制作しました

金沢市にある、玉泉寺は県内唯一の時宗寺院です。 高岡市の瑞瀧寺を作った名工・山上善右衛門が手がけたのですが、1871年の葛西で喪失し、現在は小堂や墓石のみが残るのみとなっていました。 北川彫刻では、玉